それぞれ春野菜らしいほのかな苦味を持つウドと菜の花。ここにコハク酸という旨味をたっぷり持つボンゴレ(あさり)が加えたパスタ料理。春の香りを思いきりお楽しみください。パスタは少し細め(1.4ミリ程度)が最適です。

材 料
(2人分)
パスタ 160g
殻付アサリ 300g
菜の花 80g
ウド 8センチ程度
ピュアオリーブオイル 大2
エキストラバージンオリーブオイル 適宜
白ワイン 100ml
塩 適宜
茹で汁 適量

作り方
 1.アサリは海水程度の塩水(4%)で砂抜きをしておく。

 2.ウドの皮をむいて薄い拍子切りにし、色が変わらないように水に浸しておく。菜の花は硬い切り口を切り捨て、4センチに切る。

 3.フライパンにピュアオリーブオイル、白ワインとアサリを入れ、蓋をしてアサリの口が開くまで待ち、貝が開いたらアサリを取り出す。

 4.大きなパスタ鍋に水を沸かし、1%の食塩を入れる。(1リットルに対して10g)

 5.パスタを茹でる。

 6.パスタに表記されている時間の3分前に菜の花を入れる。

 7.パスタに表記されている時間の45秒前にザルあげる。このとき、パスタの茹で汁を60ml残しておく。

 8.3のフライパンをパスタの茹で上がり時間に合わせ、火をつけて温めておく。

 9.8のフライパンに茹で上がったパスタ、菜の花、ウド、アサリを入れ軽く全体を混ぜ合わせる。(絶対にフライパンをあおらない。)

 10.ここで味見をし、パスタの茹で汁60mを加え3回だけフライパンあおる。 味見を塩味が足りなければ、塩で味をととのえる。

 11.皿に盛り付け、エキストラバージンオリーブオイルを全体にまわしかけて出来上がり。

調理時間 20分(パスタの茹で時間で異なる)
このレシピの食材 ~ウド~
ウドにも、疲労回復に効果があるといわれるアスパラギン酸が多く含まれています。アスパラギン酸は不足すると疲れやすく抵抗力が弱まることも。また、ジテルペンアルデヒドという成分も血液の循環を促し、疲労回復に効果があるといわれています。

保存方法
陽にあたらないよう湿らせた新聞紙などで包み、冷暗所で保存します。なるべく早めに食べた方がおいしくいただけます。長期保存したい場合は、使う状態に切って下茹でしたものを小分けにして冷凍しましょう。



やさしいやさいレシピ
枝豆ペペロンチーノ
ナスと桜海老のソテー
ズッキーニのナムル
他のレシピを見る
キムラマサアキ プロフィール

トップへ